幼児の習い事の費用とは

幼児の習い事の費用とは

幼児の習い事の費用とは 近年、幼児に習い事をさせる保護者の方が増えている傾向にあります。
その理由とは、学力だけでなく何か一つ秀でたものを身に着けてほしいと思う親心等の心情的理由はもちろん、保護者の共働き世帯の増加による夕方の時間の居場所確保など多岐にわたります。では実際、幼児の習い事の費用はどれくらい必要なのでしょうか。
種類にもよりますが、幼児1人にかかるお金は平均5000円から20000円とされています。これは必要な道具や場所代などの加算分があるため一概には言えません。幼稚園や保育園の料金も支払っている家庭の身としては負担が大きいと言えるでしょう。そのような家庭のために現在は幼稚園や保育園で放課後のクラブとして活動しているところも多いです。こちらも料金自体はかかりますが多くの園では通常の料金を支払うよりも安く済むように設定されています。幼稚園や保育園の友達と一緒に学ぶことが出来るため、気になる方は通っている園で実施されていないか調べてみるのもいいかもしれません。

幼児の習い事にかける平均金額は

幼児の習い事にかける平均金額は 幼児の習い事にかける平均的な費用の金額は、ある調査によると、5000円〜1万円程度が一番多いです。5000円未満という人も多いですし、1万円以上1万5000円未満もけっこういます。幼児のお稽古1つにかかる月謝は、だいたい5000円〜1万円くらいが相場ですから、1つのお稽古をさせれば、5000円〜1万円程度に収まり、2つのお稽古をさせれば1万円〜1万5千円程度に収まるといえるでしょう。習い事をさせる数は、1つから2つが多く、3つ以上をさせる人はまれです。
教育熱心な親は、幼児のお稽古に血道をあげますが、親の自己満足で通わせるのはあまりよくありません。なるべく子供の自発性を尊重し、子供が本当にやりたいと思うものに絞って習わせた方がいいでしょう。無理矢理に通わせると、お稽古事が嫌いになってしまったり、性格がねじ曲ってしまったりするかもしれません。同年代の子供と外で元気に遊ぶというのも立派な教育の1つなのです。

新着情報

◎2019/10/31

幼児が習い事をする必要性
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

幼児の習い事の月謝の相場
の情報を更新しました。

◎2019/6/26

人気が高いのは英語のレッスン
の情報を更新しました。

◎2019/4/19

幼児の習い事の選び方
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

幼児の習い事の費用とは
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

サイト公開しました

「教育 費用」
に関連するツイート
Twitter

返信先:学校ごとにいじめ防止基本方針を打ち出しているのに、管理職がこれですからね。徹底的に追及したかったんですが、教育委員会は暖簾に腕押しだし、弁護士は費用がかかるわりに効果は期待薄なので、Xで公表しようとはじめました。

PTAが高額の学校備品を買って寄付したら、学校はその分の予算申請をせず、行政は本来公費負担すべきその費用を出さず、つまりどんどん学校教育費用を出さなくなり、先生の自腹もなくならず、子どもへの教育が細り、何一ついいことないんだと、なぜPTAはわからないんだろう?(注・学校はわかってるよ)

子育て費用教育費、効果的な節約方法、マネープランを立てて貯めたい、住居費 光熱費 携帯代などの固定費の見直し、食費や被服費などの変動費の見直しなどお金の悩み相談したい人にはおすすめね🧸 無料サービスで、お米やミスドギフトなど特典もらえてお得よね🌺 [PR]

生産と管理や費用対価を考えたら単一化は悪くないと思うし、加工で様々な利用が出来る。個人個人の管理できてない食生活を単一化の問題として取り扱ってるのがなぁ。教育や食生活の問題では? というかスタジオパート必要?ブツブツ気持ち悪いんですが……。

仕事でもプライベートでも褒められるのは好きだけど、振られるのは嫌い。 相談されるのは好き✨ できるね!って仕事振られても、会社の為に覚えた訳じゃないから! 趣味で得た知識、技術をあてにされて見返りがないのが嫌。教育費用タダなのが普通と思うなバーカww