幼児の習い事の色々

このサイトでは幼児期の習い事を多く掲載しています。
保護者として子どもの未来への可能性、能力の開花のきっかけとなるものを与える機会というのはとても大切なことです。
三つ子の魂百までもということわざがあるように、小さな頃からの習慣や身に着けることは将来に向けた人格形成や土台となるものです。
ですから、子供の可能性を大いに羽ばたかせられる環境を整え、頑張り抜く力を発揮できるようなものを選んで与えるというのは保護者としてもおおきな喜びとなるはずです。

幼児期にする習い事の効果

幼児期にする習い事の効果 幼児期というのは人格形成においてとても大きな基礎となる時期です。
この時期に吸収することは自然と身に付き、可能性を秘めたものを開花させる大切な時期です。
幼児期はいろいろなことに興味を持つので、習い事をさせる必要性というのが大きく、それをきっかけに心身ともにとても良い効果があるといえます。
まず、社会性やルールをしるきっかけとなります。
また目標に向かって頑張ること、結果が出た時の達成感を得ることが自然に身に付きます。
集団の中で協調性を覚えたり、コミュニケーション能力がつきます。
体を使う、手先を使うことで脳の活性化につながり物事を深く考えたり、様々なことを覚えたりできるようにもなります。
更に五感に刺激を与えることで細胞の活性化につながるので、健康や心の成長においても良い効果を得ることが出来るのです。

幼児期から習い事をさせるメリットとデメリット

幼児期から習い事をさせるメリットとデメリット 幼児期から習い事をさせるメリットですが、スキルの吸収が早い点です。
大人と幼児を比較すると明らかに前者の方が知識や技能を短期間で学べます。
三つ子の魂百までではありませんが、幼児期に学んだスキルは自然と体や頭が覚えているのです。
子どもの頃に水泳や自転車の運転を学ぶ事で、ブランクが生まれても自然と泳げたり自転車に楽に乗れるのは、そういった理由があります。
幼児期の頃から得意な分野を作っておけば、子ども自身の自信に繋がります。
特技がある子供はクラスでも人気者になれますし、自分に良い意味でのプライドが出来るため、勉強の方や友人関係にも良い影響が生まれるのです。
一方で幼児期から習い事をさせる事にデメリットもあります。
まず月謝が掛かります。
幼少期から習い事に足繁く通わせる事で月謝は積もり積もって、なかなかの金額になるでしょう。
子ども向けのスクールでも月謝はあまり安くありません。
絵画教室や英語教育の場合だと、教材費やテキスト代が別途掛かります。
いずれも必要な物ですが、お金が想像以上に掛かる事もあり、親は毎回マイカーで送り迎えをしなければなりません。
ガソリン代や親の時間も掛かるのがデメリットであり、事前に理解しておきたいところです。

幼児の習い事に関するおすすめ情報リンク

幼児教室 値段

新着情報

◎2019/10/31

幼児が習い事をする必要性
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

幼児の習い事の月謝の相場
の情報を更新しました。

◎2019/6/26

人気が高いのは英語のレッスン
の情報を更新しました。

◎2019/4/19

幼児の習い事の選び方
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

幼児の習い事の費用とは
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

サイト公開しました

「幼児 習い事」
に関連するツイート
Twitter

子どもを習い事や、幼児教室に通わせる時に大切なことは ・その習い事がどれだけ有益か ・どれだけ将来に役立つか よりも ・子どもの興味と主体性がどれだけその習い事に向いているか ということ。 いくら素晴らしい習い事でも、子どもがやらされていては本当の学びになりづらいですよね😣

遺伝子の話で思うのは、出産時期を調整してまで子供を有利にしようとする人たちは子供の能力が低かったらどうするんだろうか 出産時期に一喜一憂して幼児の時から習い事させまくってもお前らの遺伝子が優秀じゃなかったら子供はおちこぼれだ 現実を受け入れられるんだろうか

"当時住んでいたのは都内でも教育熱心な保護者が多いエリア。周囲も3歳ごろから習い事幼児教室に通っている子が多く悠斗くんも保育園の年中からさまざまな習い事をしていたそうです。「年中で始めた親子プールを皮切りに年長の夏頃には土曜日に英語教室、日曜日に空手とピアノ、と週末は大忙し"

幼児教室などはまだ特に通ったりはしていません✨習い事系で言うとベビースイミングは今月から始める予定です♪低月齢のときは、音のなるおもちゃで遊んだり絵本を読み聞かせたりYouTubeで調べ... 続き→

6月から隔週で通い始めた個別療育の内容が結構幼児教室よりで本当に習い事みたい感じなんだけど、長男にとっては得意な分野だから母子通園の児発では苦手分野を支援して個別では得意分野を伸ばすが最適解かなと思った。